--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-28

Q's 50 Best Albums of 2009

q-top-50-2009.jpg

カウントダウンTVのお時間です。

さて今回は、イギリスの割と、王道路線で、ヘッズ向けの音楽誌"Q"から2009年のベストアルバムをご紹介しましょう。
ランキングというのは、「何か新しいの聴きたいんだけど…何を聴いたらいいのか…」
って、時の参考になるから便利ですよね~。
(そして、ブログのネタにもしやすいと言う…)

では、まずは50位から31位までをどうぞ~!!

00 Artist - Title

50 Jarvis Cocker - Further Complications
49 Bob Dylan - Together Through Life
48 Ian Brown - My Way
47 Madness - The Liberty Of Norton Folgate
46 Golden Silvers - True Romance
45 Conor Oberst And The Mystic Valley Band - Outer South
44 The View - Which Bitch?
43 Tinariwen - Imidiwen Companions
42 Mariachi El Bronx - Mariachi El Bronx
41 Wild Beasts - Two Dancers

40 Cheryl Cole - 3 Words
39 The Horrors - Primary Colours
38 Richard Hawley - Truelove's Gutter
37 Fuck Buttons - Tarot Sport
36 Sonic Youth - The Eternal
35 Pearl Jam - Backspacer
34 White Lies - To Lose My Life
33 Dirty Projectors - Bitte Orca
32 Paolo Nutini - Sunny Side Up
31 Biffy Clyro - Only Revolutions

おおっと、ここで前回ご紹介したRough Trade Shops Present Albums Of Year 2009のベスト10から、
早くも、The HorrorsFuck Buttonsが!そして、やっぱりUKものが多いようです。ふむふむ…。

ここからもベスト10の予想ができそうですね!(ってコレを書いてる僕は答えを知ってるわけですけども)

ではでは、続きまして、30位から11位までを……カウントダウン!!

30 La Roux - La Roux
29 Wilco - Wilco (The Album)
28 Bruce Springsteen - Walking On A Dream
27 The Dead Weather - Horehound
26 Bat For Lashes - Two Suns
25 Noah And The Whale - The First Days Of Spring
24 Mos Def - The Ecstatic
23 The Prodigy - Invaders Must Die
22 The Low Anthem - Oh My God, Charlie Darwin
21 Jamie T - Kings & Queens

20 Fever Ray - Fever Ray
19 Monsters Of Folk - Monsters Of Folk
18 Mika - The Boy Who Knew Too Much
17 Green Day - 21st Century Breakdown
16 Empire Of The Sun - Walking On A Dream
15 Dizzee Rascal - Tongue N' Cheek
14 Devendra Banhart - What Will We Be
13 Grizzly Bear - Veckatimest
12 Jack Penate - Everything Is New
11 Doves - Kingdom Of Rust

ここからも、前回のランキング紹介でベスト10入りしていたのが、3枚!
注目すべきは、45位のConor Oberst And The Mystic Valley Bandと、19位のMonsters Of Folkかな?
どちらも、Bright Eyesことコナー・オーバストが参加したプロジェクト。
精力的に活動するところみるからに、本家は2010年にカムバックするのでしょうか?

個人的には、Jamie Tの健闘は嬉しかったです。でも、もっと上でもいいかもなー!って贔屓目ですが…。

あと、Bonkersがクラブ・ヒットしたDizzee Rascalも評価が高いですね。

ではでは、残すところベスト10!予想は出来たでしょうか?
ここで、大ヒント!表紙に思いっきり答えがあります!これじゃ分かっちゃうなー(笑)
ではでは、結果はもちろん「続きを読む」で!

続きを読む

スポンサーサイト
Categories
Selected Entries
Archives
Mail
arc.music.arc@gmail.com

arc

Twitter
Mobile
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。