--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-17

ロゴ・フライヤー 『hyang soon』

arc_omt-2.jpg   arc_ura-3.jpg



arcのロゴ・今回のフライヤーをデザインしていただいた、hyang soonちゃん。
デザインやイラスト、雑貨づくりほかに、なんと今年の7月からバンドice cream shoutでキーボード、サンプラーとしても活躍中!   ice cream shout▷▷HP

arc_1.jpg   arc_2-1.jpg
(可愛らしさとかっこ良さが同居したarcのロゴ、ともて気に入ってます*)

彼女がつくる作品はどれも、ただ可愛いだけでなくその背景に見え隠れする物語がとても素敵です。きっと、繊細で感受性の豊かな彼女ならではなんだと思います。
ちなみに、arcのDJ池宮くんのMix CDのアートワークもhyang soonちゃんなんですよ。

(「Frank Steps」Mixed By YUSUKE IKEMIYA)
h1.jpg

h4.jpg


hyang soonちゃんの作品たちです!
5041317090_be350f921a_m.jpg  5041317016_e54617196f_m.jpg  5040693967_2e6329c762_m.jpg

5038659860_e5cfd854b8.jpg    5038041891_6a7f7e31ff_m.jpg

h10.jpg  h3.jpg
↑こちらのbookカバー。大好きな曲名からなんだって!


(画像はすべてhyang soonちゃんのブログまたはflickrよりお借りしました)
下のアドレスでもっとたくさんの作品が見られます!ぜひチェックしてみてください☆

Web : http://hyangsoon.blogspot.com/
Works : http://www.flickr.com/photos/hyangsoon/


今回のフライヤーは、arcのテーマ「ache for reeling club-心ときめく夜を求めて-」
‘夜’‘ときめき’などのキーワードから、きらめく夜空に羽ばたくユニコーンがモチーフになっています。夜空=真っ暗・闇というのではなく、そして昼間の青空とはまた違った青い夜空を表現するのに気を遣ってくださったそうです。確かに!普段私たちが見上げるのは、時には群青色であり、ときには本当に夜なのかな?と思えるくらいに月明かりで淡い色をいていたり、ときにはもくもくした雲いっぱいで不穏さを漂わせたダークグレーだったり、夜の空にも色んな表情があるんですよね。とても可愛いんだけど、かっこ良さも感じる本当に素敵なフライヤーに仕上がっています。ちなみに、トレハン紙ならではの裏面の透け感、これがまた良い!んです。写真では分からない微妙な繊細具合。イベントやショップなどで見かけた際は、ぜひ手にとってみてください!




実はhyang soonちゃんと知り合ってもうかれこれ7.8年くらい?になります。前職の同僚に美術学校で一緒だった、彼女を紹介してもらったのがきっかけでした。当時とあるグループのライヴに一緒に行く人を探していたんですね。それからしばらく会わない日々が続いたりもしたんですが、不意打ちにパーティーで再会したり。また、偶然にも彼女が私の兄との知り合いになっていたり、そしてこれまた偶然に全く違う所で、後に兄のお嫁さんになる人と知り合いだったり。で、それを数年後に知るという。ほんと、人と人との繋がりって面白いなあ、と実感してます。音楽がきっかけなんだけど、例えば人付き合いが積極的にできない私の高校生時代(まあ今もですが…)、孤独だと思っていた当時からすると今のこの私をは想像もできませんでした。週末いそいそと出かけていたパーティーのおかげだし、こんな私でもたくさんの人に出会えたし、arcもそんな出会いのきっかけになれれば、嬉しいなと思います。

今回、ひゃんすんちゃんにはarcのロゴ・フライヤーともに本当にお世話になりました。ロゴに関しては何パターンものラフをつくってくれました。またフライヤーに関しても、なかなかarc自体が現実味を帯びてない状態のときから、ラフ案をつくってくれたし、無知な私たちの要望にも根気強く付き合ってくれました。本当に感謝しています。ありがとうございました。





Belle and Sebastian「Wrapped Up In Books」
ぼくたちの間柄は夢のなかの恋。ぼくたち感情的にもならなかったし、そんな勇気もなかった。
ふたりの野望は本のなかにしまわれている

こちらも名曲!私がベルセバで一番好きな曲です。すみません、おまけです☆
Belle and Sebastian「Sleep the Clock Around」

コメントの投稿

非公開コメント

Categories
Selected Entries
Archives
Mail
arc.music.arc@gmail.com

arc

Twitter
Mobile
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。