--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-19

Half FULL/ Half EMPTY

昨日 5/18はJOY DIVISIONのヴォーカル、
23歳でこの世を去った Ian Curtisの命日。彼がいなくなってちょうど30年が経った日。



彼の作品は 人間の構成される要素の縮図のようだと思います…


コップにちょうど半分入った水が、
「あと半分ある」ではなく「あと半分しかない」って解釈を知る。
自分もそうだと知る。
いつも、なににでも、 ”Half EMPTY”



彼とJDの軌跡をたどった映画『CONTROL』は3年前、
梅田のスカイビルの映画館に見に行ったの思い出してます。
帰り道放心だったなーーーー。


結末を知らなければただのプレイボーイ謳歌な男の話なわけで、
死んだら美談、そう思えちゃうかもしれないのかな?




でも、彼にしか聞こえないカウントダウンの、逆まわりの秒針の音、
なんでそんなにISOLATIONなのか、
DISODERなのか、
SHADOWPLAYなのか、後で知る。

彼が空をみながら、 薄暗い部屋 天井のキズをみながら、何を考えていたか、
彼の魂に重なって考えたくなります。


殺那的に生きるのは美学でもなんでもないかもしれない。
だけども、もうだめだって叫びは、事実だから美しいということ。
ものすごく生々しい。

”生々しさを ミステリアスにみせて魅了する”
性別を超えて、血が騒ぐ要素。シンガーソングライターのそれって特に。









私たちはみな、今このときのエディターで、明日以降は知った振り。
それを自覚して生きる音楽は、
すこぶるめんどくさいが、すこぶる美しく、繊細な味がします。





カンヌ映画祭 ではベスト・ヨーロピアン映画賞も受賞した『CONTROL』、
機会があったら是非ー





ちなみに
映画本編・予告ビデオにも登場する↑名曲Shadow Playのコレは
The Killersがカバー!
こちらもいいです!!



Ianが最後に聴いたレコード
Iggy Pop-- The Idiotから "Night Clubbing"





オヤスミナサイ



RIE




コメントの投稿

非公開コメント

Categories
Selected Entries
Archives
Mail
arc.music.arc@gmail.com

arc

Twitter
Mobile
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。